まるごと事業部  ホーム > よくあるご質問

まるごと事業部 よくあるご質問

ここでは、まるごと事業部に寄せられるよくあるご質問とその答えをまとめています。お知りになりたい内容がここで見つからない場合は、画面上の“お問い合わせ”をクリックしてください。

アウトソーシングサービスについてのご質問

IT活用・Web活用のアウトソーシングとは?

経営戦略や事業計画を達成するためのツールとしてのIT活用・Web活用は、自社の経営資源をコア資源に集中させ、自社内に不足する専門的な知識や能力、ノウハウなど必要とする分野を外部の業務構築力・高いクオリティを併せ持った専門家に任せることで、業務効率の向上やコスト削減に大きな効果が得られます。

アウトソーシングを導入するメリットはどこにありますか?

効果的なIT活用の推進役を託せるマルチな知識や能力を持つ優秀な人材の確保は容易ではありません。まるごと事業部は、必要な時に、必要な人材がチームとなって御社をサポートするプロジェクト体制のため、プロジェクトの統括的な指揮・監督から実務オペレーションまで、御社に不足する「専門能力の活用」が可能です。

コスト面でアウトソーシングするメリットはでますか?

正社員に対して負担するコストは一般的に所定内給与の約1.8倍といわれます。管理職レベルの優秀な人材の確保には高額の人件費が必要ですが、アウトソーシングにより同等以上の専門的スキルを活用しながら、固定費(労務費)から変動費(委託費)へと転換されるため、コストダウンが可能です。

契約をすると、どんな業務を具体的に担当してくれるのですか?

人材派遣のようにひとりの人物がプロジェクトの推進役となるのではなく、必要な時に、必要な人材がチームとなって御社をサポートします。プロジェクトを統括的に指揮・監督するスーパーバイザーをはじめ、現場をマネジメントし、実務を進行させるプロジェクトマネージャー、Web構築アドバイザーなど御社の状況に応じてサポーティングメンバーを構成し、課題解消に取り組みます。

ネットショップの管理や更新をお願いできるのですか?

専任のWebショップ担当者を配属できない、あるいは運営ノウハウが十分に社内構築されていない企業様のネットショップ管理や更新をすでに数多くサポートしています。まずは、御社の状況についてお聞かせください。 サポート体制とコストについてご提示させていただきます。

アウトソーシングに依存すると、社内でその分野の担当者が育たないのでは?

業務を過度に外部依存すると社内でその分野の担当者が育たないという可能性はあります。むしろ、外部に任せきりにするのではなく、オペレーションの進捗内容や運営状況を把握しながら、戦略的に経営に活用することをお勧めします。また、スタッフの教育サポートも別途に賜っておりますので、お気軽にご相談ください。

メールでのご相談はこちらから

↑ページトップへ

コンサルティング・教育サービスについてのご質問

うちの会社に常駐してスタッフの指導を行ってくれるのですか?

プロジェクトのメンバーは常駐しません。この点が人材派遣とは異なる部分です。月度毎に担当メンバーが定期的に訪問し、ミーティングや指導を行ったり、進捗チェックを行ったりします。また、日常業務のご相談には、メールやチャットにより対応します。

どんな指導内容でスタッフの育成が行われるのですか?

人材育成マネージャーが、御社のご担当者スキルや業務の社内的な比重に十分配慮しながら、業務革新に必要な知識習得、情報共有化の仕組みづくり、Webサイト構築・運営など社内実務に即したコンサルティングと実践指導を行います。アウトソーシングサービスと同様に、必要な時に、必要な人材がチームとなってサポートします。

社内スタッフに対する教育・指導期間はどれくらいですか?

まず、御社の経営陣やご担当者にヒアリングをさせていただきます。現状分析を行い、目標設定と実施計画を作成。経営陣のご承認を得てコンサルティング・指導を開始します。これまでの実績では、十分な結果を出すために必要な期間として、12ヶ月コースあるいは18ヶ月コースが標準的です。

どのような人材に育ちますか?

経営陣の指針を理解し、自社のIT活用を推進するリーダ、事業戦略と整合性のとれた業務革新の主要担当者、業績に貢献するWebサイト運営のマネジメントスキル保有者など、初期の経営陣とのヒアリングによってどのような人材育成を目的とするか決定します。

メールでのご相談はこちらから

↑ページトップへ